研究の主課題


微生物機能を利用した環境保全技術の開発と評価
地球環境保全のためのゼロエミッション物質循環システムの創生
人工生態系の創生と維持管理

研究の概要


 下水汚泥を含むバイオマス利活用、農業発展に寄与する植物工場の普及促進、二酸化炭素排出量の低減、自治体経営のあり方や縦割り行政の改善、新産業や雇用の創出、地域活性化等は、海外も含め多くの地域で課題となっています。このような問題解決のための一例として、「豊川バイオマスパーク構想」(図1)という複合システムを提案し、実際の下水処理場で実証実験を行いました。各自治体や農商工・産学官民連携の基、先導的事例を示すことで行政や市民の理解を得ることができ、パラダイムシフトを促すことができました。この結果、ここで得られた成果を活かした実際の事業が海外を含む各地で展開されるに至っています(図2)。例えば、国内で初めて中規模養豚農家に分散型バイオガス発電システムを導入しました。そこでは、糞尿から発電し売電をしております。これにより、養豚農家の収益性を高めただけではなく、臭気問題の低減、水処理や堆肥品質の安定化、さらに労働環境を改善することができています。廃棄物に対する意識を高め地域を美しくすることにより平和なまちづくりを目指しています。このような産学連携事業を基にした研究活動を通じて、絶えず社会との連携を意識し、実践的な専門性と幅広い視野を身に付けることで、人間力の向上を目指し、グローバルに活躍ができる人材育成に取り組んでいます。


図1.豊川バイオマスパーク構想@下水処理場


図2.豊川バイオマスパーク構想からの展開


主な研究分野

環境化学工学 水処理工学 微生物生体工学 環境システム工学
資源循環工学 分析化学 循環社会工学 超臨界流体工学




所属学会

(社)化学工学会
(社)日本水環境学会
(社)環境科学会
(社)廃棄物資源循環学会
土木学会